スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ

『再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ』(Bright Lights, Big City)は1988年に製作されたアメリカ合衆国の映画。小説家のジェイ・マキナニーが1984年に発表した『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を原作に製作された。製作の過程には、マキナニー本人も加わっている。概要マイケル・J・フォックスがシリアスな演技をしている作品で、この作品以外でシリアスな役を演じたのは『愛と栄光への日々』(1986)と『カジュアリティーズ』(1989)を含めた数作のみである。また、フォックスはこの映画の撮影後にヴィッキーを演じたトレイシー・ポランと結婚した。ストーリー注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。作家になることを夢みて、ビッグ・シティ、ニューヨークに住み、出版社に勤めるジェイミー(マイケル・J・フォックス)。しかし彼は、愛する妻であるアマンダ(フィービー・ケイツ)から一方的に別れを告げられ、また母も失くした。そんな彼は、毎晩、悪友のタッド(キーファー・サザーランド)と飲み歩き、酒とドラッグで寂しさを紛らわす毎日を過ごしていた。しかし、タッドの従妹であるヴィッキー(トレイシー・ポラン)との出会いで、彼の心はいい方向に向かい、自分を取り戻す日がやってくるのだった。キャストマイケル・J・フォックス(日本語吹替…神谷明/三ツ矢雄二):ジェイミー・コンウェイキーファー・サザーランド(日本語吹替…大塚芳忠/中尾隆聖):タッド・アラガッシュフィービー・ケイツ(日本語吹替…林原めぐみ):アマンダ・コンウェイダイアン・ウィースト:ジェイミーの母トレイシー・ポラン:ヴィッキースージー・カーツ:ミーガンフランシス・スタンハーゲン:クララサウンドトラックこの映画での音楽監修は『パープル・レイン』『フラッシュダンス』『ラウンド・ミッドナイト』『ラ★バンバ』などを手掛けたジョエル・シルが担当、また全編の音楽スコアをドナルド・フェイゲンが担当するなど音楽性の話題も豊富であった。そのドナルド・フェイゲンの新曲を含むサウンドトラック盤は映画公開とともにワーナー・ブラザースからリリースされ、プリンスやナーラダ・マイケル・ウォルデンらも新曲を提供している。 ちなみに日本では公開前の1988年4月25日にワーナーパイオニア(現・ワーナーミュージック・ジャパン)か

ターゲット「スイーツ男子」 大阪でチョコ試食会(産経新聞)
王将戦第4局 久保が勝ち3勝目(産経新聞)
<法務省>公訴時効見直し案 殺人は廃止、遡及も適用(毎日新聞)
愛子キティちゃん、売れてます!金メダルならプレミア化!?(スポーツ報知)
産科補償制度、初年の補償対象者は12人―診断医に迷いも(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ミスターこうさくどばし

Author:ミスターこうさくどばし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。