スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<インサイダー取引容疑>化粧品販売会社役員に課徴金勧告(毎日新聞)

 未公表の内部情報を基に株取引したとして証券取引等監視委員会は26日、東証マザーズ上場の化粧品販売会社「フェヴリナ」(福岡市)の元常勤監査役の男性(48)に金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで、課徴金15万円を科すよう金融庁に勧告した。

 監視委によると、元監査役は09年3月上旬、業務報告の際にフェ社が09年3月期の業績予想を上方修正するという内部情報を聞き、公表前にフェ社株150株を42万1255円で買い付けた疑い。元監査役は約20万円の利益を得たという。

【関連ニュース】
早大OB相場操縦:元投資会社社長に懲役2年2月求刑
粉飾決算:「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑
インサイダー容疑:味の素社員に課徴金命令
トランスデジタル:投資会社元役員を逮捕 架空増資事件
トランスデジタル:社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑

マニフェスト大幅修正を=税収減で「相当無理」と指摘-岡田外相(時事通信)
「有名人来る」と原宿に殺到騒ぎ、少女3人搬送(読売新聞)
DNA解読、高速化に道=電流で塩基識別-大阪大(時事通信)
副会長・常任理事の推薦候補を発表―唐澤氏陣営(医療介護CBニュース)
医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

医療事故モデル事業継続=5学会で社団法人立ち上げ-「2年で制度化への道筋を」(時事通信)

 医療事故の調査機関創設に向けた厚生労働省のモデル事業が今年度で終了するのに伴い、新たに日本医学会など5学会が一般社団法人「日本医療安全調査機構」(仮称)を立ち上げ、事業を継続することが24日、明らかになった。同日開かれたモデル事業運営委員会で報告された。
 医療事故調査を担う第三者機関をめぐっては、事業と並行して同省が法制化に向けた大綱案を2008年6月にまとめたが、一部に根強い反対があり、頓挫している。
 5年間の事業を総括し今後への提言をまとめた作業班委員長の山口徹虎の門病院長は「これからのモデル事業は第三者機関創設につなげるもので、2年で制度化への道筋をつけてほしい」と述べた。
 同事業は、診療に関連する死亡で病院から要請があった場合、解剖を実施し、病理医や臨床医らが死因究明を行うもの。東京、愛知、大阪など10地域で行われ、5年間で105事例を受け付け、うち82事例で報告書を作成した。
 マンパワー不足や、解剖に遺族の同意が得られないなどの問題があり、調査事例数は当初の想定を大きく下回った。一方、病院や遺族へのアンケートでは「参加してよかった」との評価が8割を占めたという。 

【関連ニュース】
救急救命士の業務拡大へ=ブドウ糖投与など3項目
がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚
医療事故調、大綱案見直しも=「来年度に方向性」
タミフル服用後死亡で請求棄却=死因究明の「期待」認めず
犯罪見逃さぬ制度を=死因究明研究会スタート

広島市、五輪招致断念? 関連予算を削除案、可決も(産経新聞)
駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か-北九州(時事通信)
<盗撮>名古屋高検の検事が辞職願 罰金命令受け(毎日新聞)
国交省、道路運送車両の保安基準細目告示を改正(レスポンス)
刀剣研磨師の永山光幹氏死去(時事通信)

<トランス社架空増資>黒木容疑者、暴力団に協力し復活(毎日新聞)

 IT(情報技術)関連会社「トランスデジタル」(東京都港区、ト社)の架空増資事件。警視庁は、民事再生法違反容疑などで逮捕した金融ブローカー、黒木正博容疑者(44)について、暴力団などの資金獲得活動に協力する「共生者」としてマークしていた。かつてITベンチャーの旗手として脚光を浴びた黒木容疑者。共生者として復活し、以前活躍した新興証券市場を舞台に暴力団との関係を強めていった。【川崎桂吾、酒井祥宏】

 00年1月、都内のホテルで東証マザーズの上場第1号を果たしたインターネット音楽配信会社「リキッドオーディオ・ジャパン」(リ社)の記念パーティーが開かれた。有名音楽プロデューサーや人気歌手をゲストに招いた華やかなうたげの中心にいたのがリ社の実質的オーナーの黒木容疑者だった。

 黒木容疑者は大学在学中からビジネスを始め、98年に設立したリ社はITブームの波に乗った。公募価格300万円のリ社株は2倍以上の初値をつけ、黒木容疑者は証券関係者の間で「時代の寵児(ちょうじ)」と呼ばれた。しかし、ITバブル崩壊で株価は暴落。黒木容疑者は02年3月ごろ、経営から手を引き、IT業界の表舞台から姿を消した。

 数年後。ある証券関係者が黒木容疑者の事務所に呼び出され「投資の相談に乗ってほしい」と持ち掛けられた。久しぶりの再会だったが、証券関係者は「暴力団関係者とのつながりがうわさされていたので断った」という。

 黒木容疑者が再び新興証券市場に姿を現したのは07年。警視庁によると、ジャスダックに上場していたト社の実質的オーナーに納まった黒木容疑者は、08年7月の架空増資の原資となった約1億6000万円の大部分を暴力団周辺者から調達。その見返りに新たに発行された約1億1000万株の一部を暴力団側に差し出していた。

 92年施行の暴力団対策法は、暴力団の資金獲得活動を追いつめた。みかじめ料(場所代)や賭場の運営などといった伝統的な資金源を失った暴力団は、新興証券市場に触手を伸ばした。その活動を側面的に支援したのが証券知識を持った共生者たちだった。暴力団側から調達した金を背景に、資金繰りに苦しむ企業に接近し、経営権を奪うと新株を乱発して、暴力団側に利益を還元する。警察庁は07年の警察白書で、共生者について記述し、警戒を強めている。

 90年代後半から次々に開設された新興証券市場は、赤字や債務超過でも上場できるなど基準が緩和されており、ベンチャー企業でも上場しやすい。共生者にむしばまれ、錬金術の道具と化した企業は「ハコ」と呼ばれた。実体がなく中身が空という意味だ。黒木容疑者はそこに目をつけた。ト社もハコの一つだった。犠牲になったのは一般投資家だった。

 証券アナリストで「共生者 株式市場の黒幕とヤクザマネー」の著者、松本弘樹さんは「今回の事件は証券市場のゆがみの象徴。証券市場の信頼は著しく低下している。共生者たちを排除し、投資家の信頼を取り戻すことが急務だ」と警鐘を鳴らしている。

【関連ニュース】
トランスデジタル:社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑
トランスデジタル:元役員逮捕 架空増資容疑
民事再生法違反:トランス社、増資の一部は架空か
民事再生法違反:容疑のIT会社社長ら6人逮捕 警視庁

村田良平氏死去 元駐米大使、日米の核密約について証言(産経新聞)
国税局、監視委と反対の判断…ビックカメラ決算(読売新聞)
両陛下が「神馬」をご覧に(産経新聞)
LDH、旧経営陣との訴訟終結 7億6500万円支払いで和解(産経新聞)
愛子さまを市民ら歓迎=皇太子ご一家、静養で長野に(時事通信)

【新・関西笑談】最高のウイスキーを求めて(5)(産経新聞)

 □サントリーチーフブレンダー 輿水精一さん 

 ■地味な作業だが、妥協は許されない 今後は「日本の味」を世界に広めたい。

 --ブレンダーになって初めての商品が平成10年発売の「膳(ぜん)」でした

 輿水 昭和の終わりごろから、焼酎におされてウイスキーの消費量が減り続けていました。そこで起死回生として和食に合うウイスキーを売り出そうという企画が生まれました。「和」を出すにはどうしようか思案の末、スギの樽で熟成させた原酒を使うことを思いつきました。

 --スギ樽ですか。あまり聞かないですね

 輿水 スギは香りの個性が強いので少量のブレンドで十分効果があります。むしろ、強すぎる個性による違和感をどう取り除くかに苦労しました。よりまろやかにするため、竹炭でろ過するなど工夫を重ねました。それでも、社内の会議では評価が完全に2分してしまいました。

 --といいますと

 輿水 社内では「これはサントリーのウイスキーではない」という意見が多かったです。それでも、試飲してもらったバーテンダーや焼酎好きの友人からは「すっきりしていて飲みやすい」との評価をもらいました。方向性は間違っていないと実感しましたが、スギの香りの量については最後まで悩みました。

 --結局、どのようにして味が決まったのですか

 輿水 上層部への説明会議では試作品を3つ持っていきましたが、作り直しを命じられました。そのとき、かばんにもう一つ、自分が一番自信を持っていたスギの量が最も少ない試作品を出しました。すると「これでいこう」となりました。膳は予想を上回るヒットを記録し、「ブレンダーでやっていける」という自信がつきましたね。

 --膳はぜいたくな味わいだった記憶があります。この後、発売されたのが「座」ですよね

 輿水 膳がヒットしたので、和食に合うウイスキーの上級版を出そうということになりました。チーフブレンダーに就任して初の商品でした。しかし、原酒選びがうまくいかず、いつまでたっても理想の味が出せなくて。発売日は決まっており、つい「ここまでがんばったから大丈夫だろう」との気持ちで発売に踏み切ってしまいました。

 --売り上げはいかがでしたか

 輿水 予想を下回る結果に終わりました。社内の評価も膳のヒットがあったから甘くなっていたのでしょう。どうして自分が「うまい」と思う味に最後までこだわらなかったのだろうかと後悔しました。ウイスキーづくりは地味で単調な作業の連続ですが、手を抜くと必ず品質に跳ね返ってきます。このときの経験は今の姿勢に生かされているはずです。

 --後進は育ってきていますか

 輿水 ブレンダーには教えられることと、教えられないこととがあります。しかし、みんなよく考えて仕事をしているのでそれほど心配していません。

 --今後の抱負を教えてください

 輿水 日本のウイスキーがようやく世界で評価され始めているので、海外に広める活動に力を入れていきたいです。ロシアや中国でセミナーを行いました。さらに他の国にも広げていきたいですね。また、これまでは国内市場向けの商品づくりをしてきましたが、もっと海外市場を意識していこうと考えています。=おわり

 (聞き手 藤原直樹)

                   ◇

 次回は俳優の國村隼さんです。

ネット違法情報 削除せぬ管理者、刑事責任追及へ…警察庁(毎日新聞)
仕分け第2弾の公益法人選定、「なかなか難しい」―枝野担当相(医療介護CBニュース)
「北野をどり」きょう開幕(産経新聞)
高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)
21日夕にかけ暴風や高波、落雷のおそれ 気象庁(産経新聞)

母親、授乳期に最も負担は「寝かしつけ」47%(産経新聞)

 授乳期での母親のストレスは寝かしつけ、授乳やミルク作り-。子育てのこんな実態が民間調査で分かった。

 アクアクララ生活総合研究所(東京都港区)が今年1~2月、3歳未満の子供の母親510人にネットで調査。その結果、授乳期に最も負担と感じるのは、寝かしつけがトップで47.1%。次いで、授乳・ミルク作り27.8%、風呂に入れる12.5%、おむつ替え6.5%-などとなった。

 このうち、与えているのがミルクのみ、主にミルク、母乳とミルク併用の計244人に限ると、寝かしつけと授乳・ミルク作りが38.1%で同率トップ。ミルク作りの負担感の理由(複数回答)は「数時間おきにミルクを作る」37%、「容器を煮沸する」22.4%、「適温まで冷めるのに時間がかかる」22%-など。

 母乳のみ与える母親は22.5%、主に母乳29.6%、母乳とミルク併用23.5%、主にミルク16.7%、ミルクのみ7.6%だった(四捨五入のため合計は100%とならない)。

【関連記事】
娘揺さぶりで逮捕の母「首絞めても罪悪感を感じぬ」 堺女児虐待死
埼玉、奈良で虐待死相次ぐ ニッポンの処方箋は
6年前にも乳児虐待容疑、33歳父親を再逮捕 広島
双子の乳児虐待、母親に懲役8年 奈良地裁判決
親の怠惰で児童が肥満 不規則な生活、手抜き食事…改善を

政府、県内移設で最終調整=シュワブ陸上など2案-普天間(時事通信)
30年地震確率、高い水準に=新潟・十日町断層帯西部-政府調査委(時事通信)
野焼き作業中に3人死亡=東富士演習場-静岡(時事通信)
<漢検協会>新理事長に池坊保子さんを内定(毎日新聞)
子ども手当2万6千円「妥当」が5割超、20~30代の既婚者調査(産経新聞)

捕鯨の街、家族「逮捕は当然」…海外反応に不安も(読売新聞)

 「逮捕は当然」「かえって海外からの風当たりが強まらないか」――。南極海での調査捕鯨妨害を繰り返してきた反捕鯨団体「シー・シェパード」の活動家で、小型高速船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ベスーン容疑者(44)が12日午前、海上保安庁に逮捕された。

 不法に侵入した監視船で、南極海から東京までの1万キロ超を“連行”されるという異例の展開。調査捕鯨の関係者らは厳罰を求める一方、古くから捕鯨で栄えた各地の港では、今回の逮捕劇で、捕鯨をめぐる国際的な議論が過熱することを懸念する声も上がった。

 「逮捕は当然のこと」。第2昭南丸の僚船に乗る夫を山口県下関市で待つ妻(30)はこう訴える。「反捕鯨を唱えるのは自由だが、船内に侵入したり妨害したりして人を傷つけることは絶対に許されない」

 同市は古くから商業捕鯨で栄え、調査捕鯨にかかわる関係者も多い。過去には夫の乗った船が薬剤の瓶を投げつけられたこともあったとこの妻はいう。年々、反捕鯨団体の活動は過激になり、不安は膨らむばかりだ。「南極海に行っている間、毎日心配しながら待ち続けるのは、もうたくさん」と訴える。

 近海捕鯨の基地がある宮城県石巻市。鯨肉などを缶詰にする市内の食品加工会社社長(55)は、「鯨は地元に根付いた食文化。日本は法治国家として毅然(きぜん)と対応すべきだ」と話す。「クジラ資源が枯渇するのは困るが、管理する中での捕獲は認められるのではないか」。ただ、「今回の逮捕を機に、海外で日本の調査捕鯨への風当たりが強まらなければよいが」との不安も消えないという。

 捕鯨基地を抱える千葉県南房総市の関係部署はピリピリした雰囲気。今回の逮捕が、反捕鯨国を逆なでしないか、海外の批判に神経質になっているためで、農林水産課幹部は「コメントは控えたい」とだけ話した。

地図に男、男、男…混乱気味の尋問に裁判長も「このままでは分からなくなる」(産経新聞)
<訃報>佐藤昭子さん死去 81歳 田中角栄元首相の秘書(毎日新聞)
高松塚古墳で墳丘すそ部分崩落、本体は影響なし(読売新聞)
文化庁、国宝展示に難色=カビ発生の新潟市美術館(時事通信)
<EXPO’70パビリオン>開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)

山内議員元秘書を再逮捕へ 新たに4000万円詐取容疑(産経新聞)

 架空の投資話で約3千万円を詐取したとして、詐欺容疑で逮捕された山内康一衆院議員(みんなの党、比例)の元政策秘書、神(じん)武幸容疑者(48)が、別の元社長(70)からも約4000万円をだまし取った疑いが強まったとして、警視庁捜査2課は10日、詐欺容疑で11日にも神容疑者を再逮捕する方針を固めた。神容疑者の詐取額は計約7000万円にのぼる見通し。

 同課の調べなどによると、神容疑者は20年2月、衆議院議員会館の山内議員事務所で元社長と面会し、「事務所が資金困窮で今月も持たない」「自分が運営している投資事業組合があり、間もなく3億円が入金されるので、運営資金を貸してほしい」などと偽り、同2~3月、計約4000万円をだまし取った疑いが持たれている。

 神容疑者は交渉の際、投資事業組合には著名経営者らも出資していると虚偽の説明をしたうえで「山内議員事務所として責任を持って返済する」と話すなどし、元社長を信用させていた。

 返済期日を過ぎても支払いがないため、元社長が独自に調査したところ、神容疑者が運営しているとされた投資事業組合が存在しないことなどが判明。21年1月、警視庁に詐欺罪で告訴していた。

 一方、東京地検は10日、目黒区内の運送会社社長に架空の投資話を持ちかけ、3000万円を詐取したとして、神容疑者を詐欺罪で起訴した。

【関連記事】
「オーシャンズ11」に憧れるも… 詐欺容疑の国会議員元秘書
「人を見る目なかったと反省」 元秘書逮捕で山内議員がコメント
政策よりも金策…詐欺容疑で逮捕の元政策秘書、身分をフルに悪用
山内議員が元秘書逮捕で謝罪
山内議員元秘書を逮捕 警視庁 3千万円詐取容疑

週の新規入院患者、百人下回る―インフルエンザ(医療介護CBニュース)
<普天間移設>与勝沖に人工島案 政府内で検討(毎日新聞)
卒業式も「一緒に」…豪雨死亡の中3生、友人らに卒業証書(産経新聞)
秋葉原殺傷きょう第5回公判 被害者や警察官ら、5人の証人尋問(産経新聞)
国民的アイドル、影響大…ペコちゃん盗に求刑3年(読売新聞)

石川県知事選、現職・谷本氏の5選が確実に(読売新聞)

 石川県知事選は14日、投票が行われ、無所属の現職・谷本正憲氏(64)が、5選を確実にした。

 5選は茨城県の橋本昌知事と並んで現職では最多。

 同知事選は、谷本氏のほか、元民主党衆院議員の桑原豊氏(64)ら無所属の3新人が立候補したが、県内の主要各党が前回選と同様、現職に相乗りし、民主、自民、公明党の県連・県本部が谷本氏を推薦または支持し、社民党本部が推薦した。

<雪崩>巻き込まれて76歳男性不明 山形の熊野岳(毎日新聞)
大阪市雇用対策事業 受託会社が日誌改竄か(産経新聞)
ロバート秋山さん、玉突きで軽傷=インパルス堤下さんの車も-東京(時事通信)
橋下知事「北朝鮮はナチスと同じ」 朝鮮学校無償化問題で(産経新聞)
センバツ「振り込め」注意、出場校OBに不審電話(読売新聞)

医師不足、300床以上の病院も「厳しい状況」-全自病(医療介護CBニュース)

 全国自治体病院協議会(全自病)の中小病院問題委員会が、同協議会の300床以上の「大病院」を対象に実施した調査によると、200床未満の「中小病院」に医師派遣を行っているのは約3分の1にとどまった。同協議会の邉見公雄会長は「仲間内も助けられないというか、非常に厳しい状況も今回のアンケートで分かった」としている。

 この「大病院の中小病院との連携に関する調査」は、大病院の現状と、中小病院との連携に関しての現状を把握するため、同協議会に加入している300床以上の329病院を対象に実施。昨年12月1日現在の状況を調査し、169病院から回答を得た(回収率51.4%)。

 調査結果によると、中小病院へ医師派遣を実施しているのは59病院(34.9%)で、看護師派遣は5病院(3.0%)だった。
 昨年度の医師の派遣先については、同一医療圏内の病院が44病院で、延べ人数は1万1242人、診療所が24病院で、延べ人数は4386人だった。一方、他の医療圏内の病院は31病院で、延べ人数6747人、診療所は14病院で、延べ人数787人。また、他都道府県の病院・診療所は8病院で、延べ人数は431人だった。

 また、「医師不足の解決のためには大病院の立場から、どのように考えるか」と聞いたところ(複数回答)、最も多かったのは「医師数そのものの増」で126病院(74.6%)。以下は「自院と地域の中小病院の連携の強化」91病院(53.8%)、「医師のへき地勤務の一定期間の義務化」48病院(28.4%)などと続いた。

 さらに、「大規模病院には広域医療確保に努め、中小病院をサポートすることが地域医療における役割のひとつであるという声があるが、これについてどう思うか」では、「大規模病院が地域の中核病院に位置し、医師を集約して、医師への専門教育を行って専門能力を養いつつ、地域派遣に応じる体制がよい」などの意見が寄せられる一方で、「大規模病院も医師数が不足しているところがあり、中小病院のサポートをしたくてもできないのが現状」との意見もあった。

 邉見会長は調査結果について、「団体の中では中小病院が55%ぐらいある。そこが今、医師不足とか、小泉内閣の三位一体の改革で財源がないとか、人と金がないということで困っている。人は、仲間内で助けられないかということで、医師の派遣とかを働き掛けているが、出そうとしている病院も人手不足で、34.9%しか出せていない。仲間内も助けられないというか、非常に厳しい状況も今回のアンケートで分かった」と話している。


【関連記事】
医師地域偏在の実態を調査へ―厚労省医政局
日医、医学部新設には「反対」
女性医師が出産後も働ける環境を―福島少子化担当相
産婦人科・産科の医師数10年ぶり増―厚労省調査
医師の需給状況の把握などが課題-総務省委員会が答申

小林議員の証人喚問要求=共産・穀田氏(時事通信)
エスカレーター歩くなキケン!! 全国の地下鉄、禁止呼びかけ 転倒事故相次ぐ(産経新聞)
<別れさせ屋>交際女性殺害被告に懲役15年 東京地裁判決(毎日新聞)
北教組事件 小関容疑者「5区担当は15年前から」(産経新聞)
<火災>民家焼き幼い兄弟死傷 北九州(毎日新聞)

海老蔵さん・麻央さん 婚姻届を提出(毎日新聞)

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(32)とタレントの小林麻央さん(27)が、今月3日に婚姻届を出したことが8日、分かった。

【関連ニュース】
市川海老蔵さん:小林麻央さんとの婚約で会見 挙式は7月
市川海老蔵:「子づくり、一刻も早く」“同い年”のロッテリア「エビバーガー」を応援
市川海老蔵:キスシーンでは麻央目隠し「初々しいのでほっといて」 主演ドラマ「霧の旗」
NEWSZERO:小林麻央の後任に人気バイオリニストの宮本笑里
恋のから騒ぎ:金曜日午後11時半放送に 17年目で初の枠移動 後枠はイケメントーク番組

チリ地震の揺れ、ぐるり5周=自転速度も変化-東大地震研など(時事通信)
岩手で推定1.9メートルの津波=入り組んだ地形影響-気象台調査(時事通信)
首相動静(3月2日)(時事通信)
ハプスブルク家の栄華 神戸でオーストリア大宮殿展始まる(産経新聞)
クラビットの有効成分を3倍にした点眼剤を承認申請―参天(医療介護CBニュース)

原口総務相はツイッター? 3閣僚遅刻問題(産経新聞)

 前原誠司国土交通相、仙谷由人国家戦略担当相、原口一博総務相の3閣僚が参院予算委員会に遅刻した問題で、平野博文官房長官は3日午前の委員会終了後、3閣僚に口頭で注意した。

  [フォト]本当に反省している? 陳謝する原口氏の後ろで笑顔を見せる仙谷氏

 原口氏は同日昼、記者団に「事務方のミスで午前9時開会だと認識していた」と釈明。原口氏は午前8時50分すぎにミニブログの「ツイッター」に書き込みまでしていた。

【関連記事】
予算委遅刻の前原、仙谷、原口3閣僚平謝り 官房長官「猛省を促す」
前原、仙谷、原口3閣僚が異例の予算委遅刻 予算成立確定で気の緩み?
国家戦略相がルーズって…遅刻の常習犯、仙谷氏は大丈夫?
首相、小沢氏に4日の会談否定され「幻と会った…」
小沢氏は? 「遅刻が多い」と民主議員退席 参院厚労委が流会に
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<世界記憶遺産>日本も推薦に乗り出す 選考準備委設置へ(毎日新聞)
「米国は逃げ足速い」 防衛政務官が県外・国外移設派を牽制(産経新聞)
少年グループの抗争で23歳男ら逮捕 互いに報復繰り返す(産経新聞)
イルカ漁隠し撮り映画、漁協抗議で上映会中止(読売新聞)
<コンクリート橋脚>プラスチック繊維で強度増…砂利の代替(毎日新聞)

<石巻3人殺傷>少年を再逮捕 殺人と殺人未遂容疑(毎日新聞)

 宮城県石巻市の南部かつみさん(46)方で、長女美沙さん(20)ら2人が刺殺された事件で、県警は4日、かつて交際していた次女(18)を連れ去ったとして未成年者略取容疑などで現行犯逮捕した少年(18)と同県東松島市の無職少年(17)を殺人と殺人未遂の疑いで再逮捕した。

 逮捕容疑は、2月10日午前6時40分ごろ、南部さん方2階で寝ていた美沙さんと次女の友人で高校3年、大森実可子さん(18)の腹などを刃物で刺して殺害し、一緒にいた建設作業員の男性(20)の右胸を刺し重傷を負わせたとしている。

 捜査関係者によると、元交際相手の少年は「(美沙さんらに)つかみかかられ、怖くなって刺した」と殺意を否認。無職少年は「元交際相手が3人を刺した。『罪をかぶれ』と言われた」と供述しているという。【鈴木一也、垂水友里香】

議論少なく、感想複雑=予算案衆院通過で-菅財務相(時事通信)
全日本学生児童発明くふう展 表彰式 常陸宮ご夫妻も出席(毎日新聞)
津波警報が真ん中に テレビ画面表示に不満続出(J-CASTニュース)
【私も言いたい】テーマ「国母選手の“腰パン”問題」 「不快に感じる」が8割(産経新聞)
「指揮官を一人に」橋下知事、関西州の実現訴え(読売新聞)

<気象庁>大津波警報を津波警報に変更(毎日新聞)

 南米チリの大地震による津波で、気象庁は28日午後7時1分、青森県太平洋沿岸、岩手、宮城県に出ていた大津波警報を津波警報に変更した。気象庁は同日午前、日本の沿岸に1~3メートル程度の津波が到達する恐れがあるとして、青森県-宮城県の三陸沿岸に大津波警報、その他の太平洋沿岸に津波警報を発令していた。

 この日は午後3時49分に岩手県・久慈港で高さ120センチの津波を観測したほか、仙台市で3時41分、北海道根室市で3時48分にそれぞれ90センチを観測するなど、北海道から沖縄県まで幅広い範囲で津波があった。【デジタルメディア局】

<津波>ハワイで2メートルの高潮観測 海岸部の被害はなし(毎日新聞)
イヴ・タンギー
日本薬剤師会、児玉会長を再選(医療介護CBニュース)
チリ地震の津波、28日午後1時過ぎ日本へ(読売新聞)
<掘り出しニュース>興福寺“ナマ阿修羅”見られます 国宝館、改装終了(毎日新聞)

公的行為の統一ルール、非現実的=枝野氏(時事通信)

 法令解釈を担当する枝野幸男行政刷新担当相は26日午前の記者会見で、天皇の公的行為に関して平野博文官房長官が発表した「統一的なルールは現実的ではない」との政府見解について、「政治利用という誤解を招かないよう最大限の配慮をする以外に、共通で言えることはあり得ない。見解は違和感なく受け入れている」と述べた。
 枝野氏はまた、「政治が陛下の公的行為を決定できるわけではないから、そういう意味では(政治)利用はあり得ない」と指摘。ただ、「政治利用という疑義を持たれることはあってはならない」と強調した。 

<原口総務相>住基カード「持ってない、すみません」(毎日新聞)
<調査捕鯨>外交的解決で外相一致 日本とニュージーランド(毎日新聞)
インフル対策、当面は実施継続―厚労省(医療介護CBニュース)
海渡くん虐待死の継父、静岡で強盗事件…再逮捕(読売新聞)
<訃報>熊谷清さん91歳=元川崎汽船社長(毎日新聞)

再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ

『再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ』(Bright Lights, Big City)は1988年に製作されたアメリカ合衆国の映画。小説家のジェイ・マキナニーが1984年に発表した『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』を原作に製作された。製作の過程には、マキナニー本人も加わっている。概要マイケル・J・フォックスがシリアスな演技をしている作品で、この作品以外でシリアスな役を演じたのは『愛と栄光への日々』(1986)と『カジュアリティーズ』(1989)を含めた数作のみである。また、フォックスはこの映画の撮影後にヴィッキーを演じたトレイシー・ポランと結婚した。ストーリー注意:以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。作家になることを夢みて、ビッグ・シティ、ニューヨークに住み、出版社に勤めるジェイミー(マイケル・J・フォックス)。しかし彼は、愛する妻であるアマンダ(フィービー・ケイツ)から一方的に別れを告げられ、また母も失くした。そんな彼は、毎晩、悪友のタッド(キーファー・サザーランド)と飲み歩き、酒とドラッグで寂しさを紛らわす毎日を過ごしていた。しかし、タッドの従妹であるヴィッキー(トレイシー・ポラン)との出会いで、彼の心はいい方向に向かい、自分を取り戻す日がやってくるのだった。キャストマイケル・J・フォックス(日本語吹替…神谷明/三ツ矢雄二):ジェイミー・コンウェイキーファー・サザーランド(日本語吹替…大塚芳忠/中尾隆聖):タッド・アラガッシュフィービー・ケイツ(日本語吹替…林原めぐみ):アマンダ・コンウェイダイアン・ウィースト:ジェイミーの母トレイシー・ポラン:ヴィッキースージー・カーツ:ミーガンフランシス・スタンハーゲン:クララサウンドトラックこの映画での音楽監修は『パープル・レイン』『フラッシュダンス』『ラウンド・ミッドナイト』『ラ★バンバ』などを手掛けたジョエル・シルが担当、また全編の音楽スコアをドナルド・フェイゲンが担当するなど音楽性の話題も豊富であった。そのドナルド・フェイゲンの新曲を含むサウンドトラック盤は映画公開とともにワーナー・ブラザースからリリースされ、プリンスやナーラダ・マイケル・ウォルデンらも新曲を提供している。 ちなみに日本では公開前の1988年4月25日にワーナーパイオニア(現・ワーナーミュージック・ジャパン)か

ターゲット「スイーツ男子」 大阪でチョコ試食会(産経新聞)
王将戦第4局 久保が勝ち3勝目(産経新聞)
<法務省>公訴時効見直し案 殺人は廃止、遡及も適用(毎日新聞)
愛子キティちゃん、売れてます!金メダルならプレミア化!?(スポーツ報知)
産科補償制度、初年の補償対象者は12人―診断医に迷いも(医療介護CBニュース)
プロフィール

ミスターこうさくどばし

Author:ミスターこうさくどばし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。